Clubhouse(クラブハウス)の技集

Webサービス

roomの記録や告知ができるShare機能

アップデートで機能追加

US時間で2021年2月8日に、今話題の音声SNS「Clubhouse」のアップデートがありましたが、新たにShare機能が追加されました。これまで、roomに参加して、そこから抜けてしまった後に戻ってこれませんでしたが、もう大丈夫。Share機能を使えば、参加中のroomの記録が簡単にできるので、保存したり、友達に参加中のroomを伝えることも簡単にできてしまいます。

Share機能の使い方

使い方ですが、roomに入っているときに、一番下の「+」ボタンを押します。すると「Ping someone into the rooom」が表示されるので、右上の「Share」を押します。あとは「Notes」を選んでメモに記録するなり、メールするなり、下にスクロールして「Copy」するなりしてください。

① +ボタンを押します
② Shareを押します
③ Noteにメモしたり、クリップボードにCopyします
メモに記録した例。押すとroomに戻ることができる

roomに参加中プロフィール写真を変える方法

文字が使えないもどかしさ

「Clubhouse」は音声メインのSNSであり、テキストは一文字も扱えません。個人的には、audience(観客)の人も会話中に文字が遅れるといいなと思ったりしますが、いまのところそのような機能はありません。そのため、自分の意志を伝える手段は皆無。speakers(話し手)になっても、文字は使えないので、自分の気持ちや意志を使えることができません。

複数のプロフィール写真を切り替える

そんなときに使えるのが、プロフィール写真の切り替え機能です。実は、room参加中にプロフィール写真の切り替えができます。具体的には、プロフィール写真を長押しします。すると、ライブラリから写真の選択できます。あらかじめ、プロフィール写真を複数用意しておき、写真に「いいね!」とか「抜けます」といった文字を仕込んでおけば、気持ちや意志を伝えることができるというわけです。準備が必要となりますが、会話中に水を差さずに、さりげなくメッセージを伝えるのに便利ですよ。

① 自分の写真を長押しすると写真の選択ができる
あらかじめ文字入りの写真を作っておく
写真でメッセージを伝えることができる

コメント

タイトルとURLをコピーしました